Warning: file_put_contents(): Only 0 of 69259 bytes written, possibly out of free disk space in /home/m125b323/public_html/wacom2014.org/index.php on line 12
相続税の対象金額 |

相続税の対象金額

【どんな財産が相続税の対象となるのか? その財産をどう評価し、どうすればその評価額が下がるのか?】

「財産の評価」は、あくまでも、相続税を計算するために、その財産がいくらになるのかを計算するためのものです。ですから、この金額で、その財産がすぐ買えるという意味ではありません。

①どんな財産が相続税の対象となるのか?

被相続人が亡くなった日に所有していた現金・預貯金・株式・土地・家屋・事業用資産・家庭用財産などの財産のほか、死亡保険金・退職金などの相続税法上、財産とみなされるものも含まれます。
ただし、墓地・仏具などの一定の財産や、前述の死亡保険金や退職金のうち、一定の金額は、相続税の課税対象にはなりません。
墓地などの財産は、先祖代々伝わるものなので、課税することは好ましくありませんし、死亡保険金などは、残された家族のためにという故人の思いの最終形ですので、一定の金額までは課税されません。

 

②財産をどう評価するのか? そして、どうすれば評価額が下がるのか?

〈財産の評価額が下がるポイント〉
(イ)アパートなどのいわゆる貸家を建てる。
(口)土地そのものを人に貸す。
(八)税法上の特典を利用する。
(二)毎年、贈与税の基礎控除額(年間110万円まで)の範囲内で、生前に財産を贈与する。

財産の評価は、法律で定められています。財産の「評価」と一口に言っても、人によって時価の概念がバラバラになってしまい、課税の公平が保てないからです。
課税される財産は、①で触れたように、被相続人が死亡の日現在に所有している財産全部です。これを一つ一つ、法律に当てはめて評価額を出すのですが、この「財産の評価額」で相続税が課税されるのか否か、また、いくら納めるようになるのか、が左右されるので、私たち税理士も慎重に評価を行います。

財産イメージ

 


広告


最近は沖縄の温暖な気温や人の正確の温かさの環境を求めて県外から移住をしてくる方がかなり増えている現状があります。その方たち曰く、最近は仕事は場所を選ばなくても出来る事ばかり。だったら寒さや花粉症のない沖縄に住んで年中ポカポカしながら仕事をするのが一番理想的!たしかにネットがかなり発達しているので、仕事をする際に場所を選ばなくなりました!そうなるとこれから沖縄は日本の中でもかなりホットな場所になること間違いなしですね!そんなとき沖縄での物件探しはとても大切です!住みやすい沖縄といえど湿度や台風などの被害は大変なのでしっかりと注意して物件をお探しください!